Finance Records

上手く行っている企業は何が違うのか?目標に届かなかった理由は何だったのか?様々な企業を記録し、財務分析を発信します。

このブログが取り上げる内容は、「勝てる企業の財務内容」と「中小企業の財務を強くする方法」です!

初めまして。ファイナンスレコードにお越しいただきありがとうございます。

 

ファイナンスレコードの運営を行っている柳原拓弥と申します。ここでは、主に2つの方向性で記事を書いています。

 

一つは勝てる企業やビジネスモデルから見る財務内容の分析

もう一つは創業からまだ短い企業の財務を強くし、成長を加速させるための財務情報です。

 

f:id:parrrrrao:20191018155813p:plain

この二つを取り上げるのは理由があります。

まず一つ目は、会計は穴があるシステムですが、現在唯一の世界共通のビジネス言語なんですね。どの企業がどれだけ儲かっているのかなどが一目でわかる。

 

そこから、自身のビジネスを構築するとき、勝っている企業のビジネスモデルの基準を知りながら構築するのとしないのでは大きく結果が変わってくると思いませんか?

 

そして、もう一つ別方向の記事も書いています。それが、創業からまだ間もない企業の財務を強くする方法です。

 

この辺りは、知っているかどうかです。

ただ、新しく顧問契約を結ぶ時にFSを見ると、「なんでこんな財務戦略を組んだんだ?」ということがあまりにもおおいのです。

 

会計事務所は企業から会計を任せてもらうことが多いのですが、その会計事務所はビジネスに紐づいて数字を見ることができないことが多い。

 

例えば、「税金を払うのが嫌で節税したい」という声も多いですよね。その結果、車や節税商品を買わせる税理士が多すぎる。

 

経営者の本音は「(お金を残したいから)節税したい」ですよね。

 

 

車や節税商品はキャッシュが流出するので、企業の財務体質が弱体化します。結果、いい投資ができず、効率的に回収ができなため、成長スピードが遅れてしまうのです。

 

強い企業をつくる経営者の周りには、このような財務のことが分かる人間が必ずいます。このブログでも発信していくので、強い財務をつくって成長を加速させる方向に進んでもらえればと思います。

 

士業としてのスタンス

なぜこういうことをやるのか?

は、基本的に経営者に事業に集中してもらいたいからです。

 

近くで経営者を見ていると、業績が最も伸びる瞬間というのは、経営者が成長に向かって覚悟を決めた時です。経営者が本気になると、やはりすごい力を発揮するなといつも思います。

 

そのような経営者を応援したいので、基本的には「財務周りをサポートして強い財務体質をつくるから、社長は事業を磨いて、顧客を幸せにすることに集中してね」という関係性をつくっています。

 

その為に財務を担っています。というのも、現在の融資の最先端は「事業性評価」の時代です。この中身を詳しく知っていますか?これが分かって融資に当たると、実は融資額が増大したりするのです。

 

 

融資はビジネスの成長の加速に強烈に寄与しますが、それを最大限活用するためには正しい知識が必要なのです。

 

だからこそ、私は経営者の財務周りのサポートを行い、企業をさらに強くする支援をします。 その間に、経営者は顧客を幸せにすることに集中してください。

 

 

大事なのは財務戦略

 

①財務戦略概論

財務の支援ってなんだというと、まず一つが財務戦略です。残念ながら、統計上、今の日本は5年で85%潰れてしまいます。

 

企業がつぶれる理由は一つだけ。現預金が尽きるから。財務に対する知識がないと企業は潰れていくのです。

 

例えば、現在の日本は調達天国であることをご存知ですか?

調達の際の金利は数%。これは世界市場の資金調達コストに比べて倍以上に低いコストです。

 

これは大きなチャンスなのに、知識がなく活用できていない企業が多いのは非常にもったいないと思います。

 

企業が成長する際には投資が必要不可欠ですが、その成長の為の投資を行うにあたって、自社で儲けた利益のみで賄うのは日本の税制上不可能です。

 

 

そうなると、銀行からの資金調達を戦略的に利用することこそ、今の日本の企業に必要な思考です。

 

調達に成功し、大きなキャッシュを持つ企業は更に成長していきます。私はビジネスモデルがしっかりした企業が資金を大きく調達して一気に成長する姿を何度も見てきました。

 

経営を加速させるためには、ビジネスモデルと財務の両輪が必要です。

 

 

「赤字の企業には銀行はお金を貸してくれない」

「借金は借りたら返さなくてはいけない」

「融資を受ける時には、保証や担保がとられるのは当たり前だ。」

「覚悟を示すために保証に入る」

 

これらはすべて間違いです。

 

別に社長にはややこしい数字回りや銀行の勉強や理解は必要ありません。最初に企業の状況や投資先、調達後のビジョンなどのヒアリングをさせて頂くと、その後は私が財務戦略を支援します。

 

その間、あなたはご自身の事業に集中し、その磨いた事業であなたの顧客を幸せにしてください。今やるべきは、資金調達の為に消費している時間を買い、本業に集中することです。

 

そして、調達した資金を元に、さらに顧客を幸せにしてください。

 

②「そうは言っても経営者も生活があるのよ」そんな方にオススメ、出口戦略を通じた財務戦略構築

ただ、財務戦略の為に節税はやめようという話をすると、「そうは言っても経営者の生活があるで」という話になります。

 

「日本の税金は実際高いし、経営者に資金の移動をしないといけないねん。」という訳です。当然ですよね。

 

しかし、長期的に見ると、結局その思考が損をする可能性が高いのです。

 

 

納税して強くした決算書を組むことができると、財務が強くなります。

 

 

すると他社と差別化した投資ができるのでいいリターンを得ることができます。それによって利益が増えると、役員報酬や給与を高く設定できます

 

 

この場所に行くまでに利益が出たから節税するというのは、経営者の未来の報酬を先細らせる結果にもなるのです。当然税務の観点から見ても、企業が成長している方が役員報酬を多く取れるようになります。

 

 

 

そして、財務戦略を通じて成長した経営者の経営している企業は、実は大きな価値を秘めています。財務戦略を通じて企業が強くなると、普通の会社がなかなか選べない会社の出口を選ぶことができるのです。

 

企業の出口は「IPO」「M&A」「事業承継」「清算」「倒産」の5つです。この中で、「IPO」と「M&A」は企業にも経営者個人にも莫大なリターンを返す可能性が高い。

 

IPOは近年門戸が狭くなっていますので、本格的に目指すのであれば専門家をご紹介します。最近多いのがM&Aです。M&Aの市場はインターネットの普及で市場が大幅に拡がり、会社の値段は高くなっています。

 

財務戦略を通じて潤沢にキャッシュを持ち、その投資で利益をしっかりと出している企業は企業の価値も高い。その為、大きなリターンが返ってくる可能性も高いのです。会社をモノとして扱っているようで嫌だと思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、それも売る先の企業の選び方次第です。ビジョンを共有できる企業とのM&Aの場合、会社を売る事が自社の成長につながります。自社より大手のヒトモノカネ情報をフル活用する事ができるからです。要は、M&Aは相手選びが非常に重要なのです。

 

jmap-ma.com

 

私の所属している組織はそのような発想を持ってM&Aを認知しています。

 

基本的に我々は税理士同士のつながりを持ってM&A先を紹介し合っています。だから、会社を売り買いする経営者同士がどんな価値観なのか。どんなビジョンを持っているのかはあらかじめわかった上で話を進めることができます。

 

このように、財務戦略は、辿り着きたい出口に向かう戦略として強力に機能します。逆に出口に向かない財務戦略は企業の発展を阻害してしまいます。

 

最短で望む出口に向かう為に正しいアプローチをしましょう。それが可能なのが「出口やビジョンのヒアリング→財務分析→財務戦略提案」という流れです。

 

 

終わりに

 

以上のように、社長が事業を磨き、顧客を幸せにすることに集中しながら発展していく事を財務面からサポートすることが私の役割です。

 

財務を使って企業を加速させる、次のステージに進んでいく為の財務パートナーとして、お使いください。

 

何か聞きたいことがあればメールしてくださいね!