Finance Records

上手く行っている企業は何が違うのか?目標に届かなかった理由は何だったのか?様々な企業を記録し、財務分析を発信します。

今後有名企業だけでなく、成長していく企業も取り上げていきます!(ファイナンスレコードの今後)

いつもご覧いただいてありがとうございます。

「有名企業の財務諸表ってどんなんだろう?」と思ってブログを開始した2018年、

おかげさまで一カ月で1万人の方に見て頂けるようになりました。

いつもご覧いただいている皆様のおかげです。本当に感謝しております。

 

さて、財務諸表を分析していく中で、「大きい企業や有名企業ってすごいな」と心の底から思う事が増えているのですが、もっと面白いのが「世界企業」だったり、「IPO後に爆速で成長している企業」だったりします。

 

新興企業で爆速で成長している企業は3期対売上1000%なんて所もあります。海外企業は異常なエンゲージメントを誇っている企業もあります。このような企業は、たまたま成長したのではなく、「成長する仕掛け」を持っていると考えた方が自然ではないでしょうか?

 

非常にシンプルに一言で言ってしまうと、財務諸表って「企業の意思決定の結果」を数字で表したものです。「どのようなビジネスモデルで、誰に、何を提供し、どこで収益を上げ、どうやって資金を調達し、何に投資し、それを投資家たちに理解してもらう。」このような行動の一つひとつの積み重ねが財務諸表という結果につながるのです。

なので、「どのようなビジネスモデルで、どのように社会に価値を提供することができているのか」は、ビジネスモデルや提供しているサービス、それらに加えて財務諸表を見ることで非常に精度が高くなるんですね。そのような事が、私が今まで書いてきた100近くの記事で少しでも伝わっていたら非常にうれしいです。

 

私自身は、これからももっと多くの企業のビジネスモデルや財務諸表を読み解いて私の顧客様に還元したいと思っていますし、さらにそれをきっかけにさらに面白いビジネスにつながっていきたい。そして、「ほかの業界でうまくいっている事例を、もう少しアレンジすると顧問先様が非常にうまくいった!」という事例を増やしていきたいと思っています。

 

それこそが財務周りを担当する人間のなすべき事なのではないかと。

そうする事によって、自らの覚悟で道を切り開かれている社長たちに貢献できるのではないかと思っているのです。

 

だからこそ、このブログではもっともっと、深い情報、切れば血の出るような情報を皆様に提供できていけばいいなと思っています。その為には「今とんでもなく成長している企業」や「海外企業」も少しずつ増やしていきたいと思っております。

 

「こんな企業面白いよ!」という情報等、もしありましたらコメント頂ければ泣いて喜びます!というわけで、徐々にレベルアップしていくFinance Recordsを今後ともよろしくお願い申し上げます!