Finance Records

財務諸表や決算書は企業の成績表!!さまざまな分析を通して財務の面白さをお伝えします。

就活生が決算書を使うには。企業分析方法③横比較で他の学生の大きな差をつけよう 伊藤忠の財務諸表編

財務諸表を就職活動に役立てよう。今回は第3弾です。

 

前回、前々回と一つの企業を時系列で見てみると変化がダイナミックに把握できるというお話をさせてもらいました。

 

 

www.finance-seisekihyo.com

  

ですが、出来れば、皆さんにはもう一つ上の段階に進んでいただきたい。

 

それは、時系列での比較が縦比較だとしたら、横比較ともいうべき、「ライバル会社との比較」です。比較が必要な理由は、その会社を相対化できる事です。

  

 横比較の威力とは?

例えば、ある企業(A会社とします)が事業をスタートした年、売上は100でした。その次の年は200になりました。その次の年は400でした。毎年100%の成長が続いています。これは凄い事でしょうか?

f:id:parrrrrao:20181128105120p:plain

一見するととても良さそうですよね。ですが、似たような事業を行っているB企業が、100、1000、1500と売上を伸ばしていたらどうでしょう?

f:id:parrrrrao:20181128105136p:plain

比較すると、実は業界全体は非常に好調であるにも関わらず、A会社は上手く業績を伸ばせていないことになります。

 

これが同業界内で行う横比較の威力です。他企業と比較することによって、初めて「その成績がいいものか・悪いものか」が理解できるようになるのです。

 

では早速実践です。やることは時系列で見た伊藤忠の売上に、他社のものを追加するだけ。今回は5大商社の内、三菱商事と住友商事で比較してみましょう。

 

伊藤忠・三菱・住友の比較

 

まず単体の売上です。

f:id:parrrrrao:20181128105200p:plain

伊藤忠の収益(売上)はこのような形でした。2016年まではダウントレンド。しかし2017年にヤナセを子会社化したことにより売上がV字回復しています。

 

では、他社との横比較を加えてみましょう。

f:id:parrrrrao:20181128105218p:plain

これを見ると、三菱商事と伊藤忠の売上の推移は似たような動きをたどっているように見えます。住友商事の売上は上昇傾向にあるように見えます。しかし、比較すると、規模感は違えど売上の推移がかなり似ています。

 

企業の業績がおおむね似たような動きをする業界は、実はある指標を確認すると企業分析が一気に加速することがあります。

 

 β値という「指標」を知っておくと就活では超便利

それは「β値(ベータ値)」という指標。β値とは、株式市場の変動に対して、その会社の株式がどれだけ変動するのかを表した数字です。(株式市場と全く同じ値動きをする株式のβ値は1で、1の場合は市場が10%値上がりするとその企業の株価も10%値上がりし、市場が15%下がると企業も15%下がります。)

 

要は「β値が1に近い同業他社が多い業界では、会社の業績動向は似てくることが多い。」という事です。

  

ちなみに伊藤忠のβ値は1.02。三菱商事も住友商事も1に近い数字です。

f:id:parrrrrao:20181128105401p:plain

(https://jp.reuters.com/investing/stocks/quote/8001.T

そしてβ値が1に近い企業を狙っているのであれば、日経を読んでおくことはおススメです。日本の株式市場の変動と同じ変動をするので、世の中の動きを把握おく事は、会社の業績に影響するものが何かが分かる事にも繋がります。

 

それを踏まえて面接担当者に「○○という出来事は御社の事業に影響がありそうだったが、働かれている方は当時どのように受け止めていたのか??」という質問などをすると、準備している感じが出せるかと思います。この辺りは自由に考えてみてください。

 

β値はロイターなどが計算してくれています。(https://jp.reuters.com/investing/markets

ここの右側にある個別銘柄検索で気になる企業を調べれば一発で出てきます。

 

まとめますね。

「業績が同業他社と似たようなものであればβ値が似たようなものである可能性は高い為調べた方がいい。」

「調べたβ値が1に近いものであれば、その業績は日本の市場推移にも大きく影響するの」

「これを踏まえて日経等の情報を絡めておく事は面接官に準備していたことを伺わせるいい材料になる」という事になります。

 

 

 さいごに

 ここまで伊藤忠を事例に3回に分かって就活で財務諸表を使う方法をお伝えしてきました。回を追うごとに少しずつ難しくなってきたと思いますが、ここまでマスターすれば皆さんは他の就活生には無い大きな武器を手に入れたことになります。

 

今回この記事を書くにあたり、採用者側の方も「数字を少し読める方がはるかに印象に残る」と仰ってくれています。繰り返しですが数字はただの道具です。そこから出発して、ぜひ皆さん独自の情報を築いてみてください。

 

 

方法は、「エクセルを使ってデータを集めて、縦比較(時系列分析)と横比較(競合他社分析)」です。そこからご自身が気になった事を深掘りしてみてください。やればやるほど力がついていきます。それは今後皆さんを支える力にもなっていきます。

 

頑張ってください!

 

 

 

前回までの縦比較についての記事はこちら

 www.finance-seisekihyo.com

 

 

 

www.finance-seisekihyo.com

 

 

 

 をご覧ください。