Finance Records

上手く行っている企業は何が違うのか?目標に届かなかった理由は何だったのか?様々な企業を記録し、財務分析を発信します。

ZOZOの財務諸表を10年分追って分かった事を書いてみた話

今回は、今手に入るZOZOのデータ10年分を使ってZOZOのKPIを分析してみます。

KPIとは、企業が「この数値を改善すればうちの業績は上がる!」と言っている目標の事です。

 

ZOZOで言うと、『ユーザーの増加数』と『出店ブランド数』がそれに当たります。

さっそく見てみましょう。

 

KPIは10年間伸び続けている

 

まず先ほど述べた『ユーザー数の増加』と『取り扱いブランド数』。このどちらも、10年単位でみると順調に増加しています。

f:id:parrrrrao:20181122125434p:plain

 

f:id:parrrrrao:20181122125456p:plain

 

では、2007年を基準として、ブランド増加数とアクティブユーザー数の増加の比率を見てみましょう。

f:id:parrrrrao:20181122125530p:plain

大体は同じような伸び率でしたが、2015年度あたりを境にアクティブユーザー数が大幅に増加していっています。このことから、「場の魅力場一定以上を超えるとユーザー数は指数関数的に増加するのではないか?」という推測が立ちます。

 

KPIに売上を重ねてみると…

 では、この二つの指標はZOZOの取扱高にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

先ほどの成長率に、取扱高の成長率のデータを上乗せしてみましょう。

f:id:parrrrrao:20181122125641p:plain

取扱高の伸び率がユーザー数の増加にほぼ比例しています。もちろん、ユーザーの増加数はブランドの増加数とかなりの期間正比例するので、「場の魅力」が充分に高まるまでブランドを増やしていく努力は必要ですが、ユーザー数の増加が売上のカギになるでしょう。

 

売上のカギになるユーザーの性質は変わったか?

 ユーザー数が増えれば増えるほどECサイトの取扱高は増えるという結果になっています。では、そのユーザーの「購買能力」や「購入方法」は変わっていないという事でしょうか?

 両方とも分析してみましょう。

ユーザーの購買能力分析

 まず購買能力の分析から。

f:id:parrrrrao:20181122125718p:plain

まず、アクティブユーザー数の平均の年間購入金額は大体5万前後で推移しています。アクティブユーザーの購買能力は大きくは変化していないといえます。

 

 f:id:parrrrrao:20181122125905p:plain

 

また、ZOZOのすごい所は顧客層が増加してもアクティブユーザー数の割合が減少していかない点です。これは、「ゲスト購入者はZOZOを気に入ってアクティブユーザーに移っていく傾向にある」という事です。

 

まとめると、ZOZOのユーザーは傾向として、ずっと使い続けているアクティブユーザーは変わらず購入単価が高い傾向にあり、しかもZOZOの利用者はアクティブユーザーに変わる率が高いという事になります。

  

ユーザーの購入方法分析

 次に購入方法が変わったのかを調べてみます。

この10年でスマホが急激に普及しました。ZOZOのユーザーも購入方法はどんどんスマホに変わっていっています。

 

f:id:parrrrrao:20181122130113p:plain

この購入方法が変わったことによってどのような影響があったのでしょうか。

 

f:id:parrrrrao:20181122130129p:plain

 

まず、ユーザーの1回あたりの購入単価が減少しています。ECサイトの業界では、「PCのように画面が大きいものから、スマホのように画面の小さいものに変わると、購入単価は減少する傾向にある」と言われているようです

 

f:id:parrrrrao:20181122130141p:plain

その代わり、年間購入点数は増加しています。この事から、「購入ツールがPCからスマホに変わったことによって、1回で購入する金額は減り、購入する回数が増えた」という事が分かります。

 

 

この環境の変化にZOZOはしっかりと気が付いていたようで、スマホユーザーが逆転したあたりからWEARをリリースしたり、サイトリニューアルを実施したりしています。

現状に満足せず、市場の変化に柔軟に対応していった結果、今のZOZOがあるんでしょうね。

 

f:id:parrrrrao:20181122130157p:plain

(IR - 株式会社ZOZO

f:id:parrrrrao:20181122130208p:plain

(IR - 株式会社ZOZO

 

 

 

10年分追いかけてみましたが、ユーザーの性質の変化をしっかり押さえ、アクティブユーザーをファン化し続けておくことは非常に大事ですね。このデータはIT系の企業には非常に参考になるのではないでしょうか。

 

 よかったら、自社でもKPIを設定して効果測定してみてくださいね。

 

現在のZOZOの経営状況が知りたいという方は

 www.finance-seisekihyo.com

 

 

 

www.finance-seisekihyo.com

 

 を。

ZOZOの収益の根幹であるテイクレートについて知りたい方は

 

 

www.finance-seisekihyo.com

 


 をご覧ください。