Finance Records

上手く行っている企業は何が違うのか?目標に届かなかった理由は何だったのか?様々な企業を記録し、財務分析を発信します。

CF(キャッシュフロー計算書)

この度上場する24/7(トゥエンティーフォーセブン)ワークアウトのビジネスモデルが素晴らしい!

企業経営を見ていると非常に重要だなと思うものの一つに「集客」があります。 集客ができるとその企業は大きく伸びる。逆にできないと死んでしまいます。 そんな企業の生命線である集客ですが、非常に成功している企業を見つけました。 その企業はトゥエンテ…

資金調達しやすい決算書の考え方 その②ただ営業利益を見るだけでなく、実質長期負債返済年数まで確認しよう。

はじめに 企業が成長したい!と思った時に、必要になってくるのは投資です。その為には経営者の皆さんが事業を磨き、利益を出して、その利益から投資に回すことも多いのではないでしょうか。 とは言っても利益を出すと税金が待っています。日本の税金は中々…

【経営の為の決算書の使い方】JINSの成長の為の財務戦略は非常に優秀な成功例。中方企業が活用する方法はこうだ!

今回は、「資金調達を行って一気に成長した企業の事例」を確認してみたいと思います。(注:書いていてなんですが、今回無料で書くレベルの範囲を超えているような気がしています(-_-;)なので反応が少なければ1カ月ほどで記事を消しますのでよろしくどうぞ!…

大ピンチの企業を救った、マクドナルドの財務戦略。実は中小企業でも使えるよ。

企業の赤字が止まらず、ドンドンお金が無くなる事がはっきりと分かる。これはかなりの恐怖感を伴う出来事です。 そんな時にどんな手を打つのが効果的なのでしょうか?実際にそのような状況から復活した企業が行った施策とは何でしょうか?今回は、そんな荒波…

コラム:企業の投資と調達の話~アスクルの財務諸表を使って見てみよう~

今回は少し毛色の違う話を。上場企業の財務諸表から企業の財務戦略について取り上げてみたいと思います。対象企業はアスクルです。 (https://www.askul.co.jp/kaisya/) 財務戦略や投資に関する話なので、今回は某企業とのイザコザについては触れません。 …

従業員が少なくても回ってる?HIS社長の息子が仕掛けるベストワンドットコムは、安さが売りのプラットフォーム事業!

皆さん、旅行はお好きでしょうか? 旅行がお好きな方も、クルーズツアーに参加されたことがある方はそう多くないかもしれません。今回は、そんなクルーズをもっと身近に。若い旅行者や、クルーズをしたことがない人に向けてクルーズサービスを提供する「ベス…

このビジネスモデルで大丈夫?AIを使った人材教育を行うIPO企業のアルーを分析

(https://www.alue.co.jp/) 今回は上場したばかりの企業である、人材教育の支援事業を手掛けているアルーについて見ていきたいと思います。 どのような事業が中心かというと、「教育にAIを掛け合わせて、個別最適された学習を加速させる」というもののよう…

81歳でIT企業をIPO!?旧態依然の卸売業に風穴を開けるMマートの財務諸表とビジネスモデルについてレビュー!

Mマートは2018年にマザーズ上場した新興企業です。社長の御年なんと現在83歳。64歳で未経験のIT業界で起業し、81歳で上場を果たされた鉄人です。 この企業は、「古い体質の業界ほどネットの力によって革新的なサービスを出すことができる」「マーケットプレ…

前期末に激増した現預金と在庫はどうなった?在庫管理は失敗か。400億の現金は何に使うのか?

2019年のQ1のファストリの財務諸表が公開されました。 私自身は前期からファストリの財務諸表の分析記事を書いているのですが、その際に「儲かっているにも関わらず社債で現金を調達している」「なぜか大量の在庫を仕入れている」という2点に注意していまし…

成長企業のBS,CFを見てみよう。成長する企業は強みへの投資が違う。

今回は成長企業であるFarfetchのBS,CFを見てみましょう。Farfetchは売上がすでに3カ月で144億円ありますが、拡大の為の投資を続けている成長企業です。 (Women - Farfetch レディース通販) 現在は未だに多額の赤字を計上していますが、このような成長企業の…

LINEの財務諸表本格分析。 BSとCFを見れば、本気の勝負を仕掛けてきたことがよくわかる。

LINEのBSとCFの見方解説! (LINE Corporation | ホーム) 今回はLINEの貸借対照表(BS)を見てみます。 この表からは、「企業がどのようにお金を集め、どのように使ったのか?」ということが読み取れます。通常IT企業のBSはあまり気にしないことが多いです…

ソフトバンクの財務体質。ソフトバンクがなぜ借入ばかりしているのか考えてみた。

今回はお金の流れからソフトバンクの投資の歴史を振り返ってみたいと思います。 (出典:https://www.roboticsbusinessreview.com/listing/softbank-robotics-corporation/) 売上の全体像を軽く確認 ソフトバンクは現在確認できるだけでもメイン事業であるソ…

キャッシュフロー計算書から見る今期のZOZO。やはりpixiboへの投資が次代への成功のカギか。

ZOZOの前澤社長はゾゾスーツを無くしますという発言をして決算発表を騒がせていましたが、ゾゾスーツを無くすというだけでプライベートブランドからの撤退は無いようです。 何故そう思えるのか。それは、今期の決算書で発表になったキャッシュ・フロー計算書…

ユニクロはここからさらに海外進出を加速させていくと思う。ユニクロの財務諸表を読んで分かる事。

今回分析する企業はユニクロGU率いるファーストリテイリング。今回の記事は財務諸表からわかる事について触れています。 ファストリはどれだけ儲かったのか?(PL分析) まず全体像から見ていきましょう。売上2.1兆円(前年比+14.4%)、営業利益2362億円(+…

メルカリの株価下落の理由を(勝手に)分析。

メルカリについていろいろな記事を書きましたが、最後に一つ、メルカリの株価が下がった理由の一つと予測される部分を書いておきましょう。 結論から申し上げると、上場に伴う見かけの営業CFの悪化とそれに伴うFCFの悪化。そして海外メルカリの不振にあると…

しまむらのお金の使い方~実は本業以外にお金を使っている?

しまむらグループの成長率は少しずつ鈍化してきているように感じます。 それは売上高の伸びが鈍化しているということです。 これは売上と販管費の伸び率を示した図です。 しまむらは店舗を出店し続けているため、家賃や人件費が計上される販管費は毎年伸び続…