Finance Records

財務諸表や決算書は企業の成績表!!さまざまな分析を通して財務の面白さをお伝えします。

このビジネスモデルで大丈夫?AIを使った人材教育を行うIPO企業のアルーを分析

(https://www.alue.co.jp/) 今回は上場したばかりの企業である、人材教育の支援事業を手掛けているアルーについて見ていきたいと思います。 どのような事業が中心かというと、「教育にAIを掛け合わせて、個別最適された学習を加速させる」というもののよう…

BUYMAの非常にユニークなビジネスモデル。財務諸表を見ると明らかに儲かっているエニグモについてレビュー!

今回は「エニグモ」という企業を紹介したいと思います。 (http://www.enigmo.co.jp/business/buyma/) エニグモは、「世界を買える」というフレーズの名の通り、世界中のアパレルを購入できる「バイマ」というサービスを提供しています。 (http://www.enig…

81歳でIT企業をIPO!?旧態依然の卸売業に風穴を開けるMマートの財務諸表とビジネスモデルについてレビュー!

Mマートは2018年にマザーズ上場した新興企業です。社長の御年なんと現在83歳。64歳で未経験のIT業界で起業し、81歳で上場を果たされた鉄人です。 この企業は、「古い体質の業界ほどネットの力によって革新的なサービスを出すことができる」「マーケットプレ…

前期末に激増した現預金と在庫はどうなった?在庫管理は失敗か。400億の現金は何に使うのか?

2019年のQ1のファストリの財務諸表が公開されました。 私自身は前期からファストリの財務諸表の分析記事を書いているのですが、その際に「儲かっているにも関わらず社債で現金を調達している」「なぜか大量の在庫を仕入れている」という2点に注意していまし…

情報製造小売業の道半ば。国内ユニクロを伸ばすより海外を伸ばすべき?国内市場が飽和状態のユニクロ、学ぶべきはInditexか。

ファーストリテイリングの2019年のQ1の財務諸表が公開されました。 全体的には、「利益はしっかりと出ているものの、前年度に比べて利益は減少」という結果になりました。その要因は主に国内ユニクロなのですが、暖冬であるという要因はあるものの、「国内に…

成長企業のBS,CFを見てみよう。成長する企業は強みへの投資が違う。

今回は成長企業であるFarfetchのBS,CFを見てみましょう。Farfetchは売上がすでに3カ月で144億円ありますが、拡大の為の投資を続けている成長企業です。 (Women - Farfetch レディース通販) 現在は未だに多額の赤字を計上していますが、このような成長企業の…

財務諸表をみるとFarfetchは赤字。なのになぜ「将来性がある」と言われるのか?財務的に分析!

(https://s22.q4cdn.com/426100162/files/doc_financials/2018/Q3/Farfetch-Limited-Q3-2018-Earnings-Slides-(IR-Website).pdf) Farfetchはなぜ「将来性がある」といわれるのでしょうか? その答えは「優秀なユニットエコノミクス」にあると思います。そ…

ZOZOTOWNというよりむしろAmazon?Farfetchのビジネスモデルと強みをレビュー

Farfetch(ファーフェッチ)という企業をご存知でしょうか。 (https://www.farfetch.com/jp/) ファッションに特化したECサイトです。日本でいうとZOZOTOWNを最初に思い出される方も多いと思いますが、強みを調べていくと、むしろ私にはAmazonに近いように…

ZOZOの前澤社長の1億円のお年玉はほんとにお年玉?それとも広告なの??

昨年日本を騒がせたZOZOの前澤社長。年を明けてももガッツリ騒がれていますね。 (https://twitter.com/yousuck2020/status/1081544630754103296) この効果はすさまじく、400万近くのフォロワーを獲得されたそうです。寄せられたツイートを見ると、「お年玉…

儲かったお金はどこに行った?ディズニーのキャッシュフローを覗いてみよう

(The Walt Disney Company) 今回は、ディズニーのキャッシュフローを覗いてみます。実はディズニーは儲かっているにもかかわらず、BSを見ると現金はそんなに増えていません。儲かったお金はどこに行ったのでしょうか??これはキャッシュフローを覗くと一…